時事を斬る!

断末魔の資本主義 グローバル化で噴出した欲望が社会や地球を破綻させる new

トランプ氏が米国の時期大統領となった。驚きをもって迎えられた選挙結果の背景には、白人労働者らの強い不満があった。 さて幸福感は、願望・欲望の達成度合いで決まると思う。その達成度合いが高ければ幸福だし、...

» 続きを読む

社会を根底から覆す、閣僚らの「白紙領収書への勝手な記入は問題なし」の居直り

「白紙の領収書に金額等を記入しても問題ない」。高市総務大臣がこう明言した。事実上「インチキ領収書でもかまわない」ともいうべき暴論。菅官房長官らの政治資金の使途の話である。 適正な領収書の作成や保存は、...

» 続きを読む

誤解の多い、新設された「空き屋に係る譲渡所得の特例」の背景事情

本年4月1日から空き屋を減らすための「空き屋に係る譲渡所得の特例」制度がスタートしました。なにせ今や空き屋は820万戸になったというのです。 新制度を一言でいうと、「相続が発生した一人住まいである親の...

» 続きを読む

国ベッタリの裁判所と「癒着」する弁護士会が行う安保法制反対訴訟の茶番

安保法制反対の11月19日の国会前大集会で、日弁連が国に対して訴訟を起こすと宣言してたよ。「我々日弁連が、法律家として安保法制の違法性・違憲性を全面的に裁判で争う」というかっこいいもの。その上で集会参...

» 続きを読む

沖縄との訴訟に「国の敗訴は100%ない」との閣僚発言にみる、三権分立の虚構

翁長知事が、遂に辺野古埋め立て承認を取り消したよ。普天間基地の移設計画阻止に向け、知事の最大の権限を行使したわけだ。 一方、政府はこれに強く反発。不服審査等の対抗手段をとる構えだよ。この流れで行けば、...

» 続きを読む

首相との会食に喜々として応じる、メディア幹部の腐敗ぶり

 総選挙直後の16日夜、安倍首相は全国紙やテレビの解説委員ら会食した。首相の会合はマスコミトップを含め、既に就任後数十回にわたっている。  官邸側がこうしたメディア籠絡作戦をとるのは、ある意味当然のこ...

» 続きを読む

「黒を白と言いくるめる」安倍政権。三要件は集団的自衛権行使を許さない

集団的自衛権行使の三要件の一節にはこうある。「(武力攻撃の発生で)わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由、幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合」。だからこれに該当しない限り、自衛権は...

» 続きを読む

戦犯や東電らにとって、「組織の命令」は悪の免罪符になるのか

村上春樹氏が最近、「東電社長らは刑務所に行くべき。誰も責任を取らないのはおかしい」と発言しているね。いや仰るとおり。大作家に言われるまでもなくこれは当然の話だよ。 でも思うに、現実にはこれはできそうも...

» 続きを読む

細川さん。原発都知事選を勝ち抜いて「日本人の心」を取り戻せ

 やったー。細川護煕元総理がついに出馬だよ。こりゃあおもしろくなったぞ。何てったって小泉元首相の力強い援護があるもんね。  だけど細川さんは、原発の不正義を見せつけられ、やむにやまれない気持ちになった...

» 続きを読む

安倍総理の「軍国主義思想の守護神」靖国神社参拝は許されない

 安倍首相が26日に靖国神社に参拝した。事前に通知を受けた与党の多くの関係者が懸命に反対したが、首相は自身の信条を優先。あの石破幹事長も「もう誰も止められない」とぼやいているという。  むろんこの参拝...

» 続きを読む

デモはテロ行為。市民に自主規制を強要する卑劣な石破発言

自民党の石破幹事長は、11月29日付けの自身のブログで、デモがテロ活動であるかのように記した。 特定秘密保護法案はその拡大解釈、さらにはそれによる国民への威迫効果に強い懸念が示されている。まさにこの発...

» 続きを読む

内閣法制局長官人事にみる、安倍首相の集団的自衛権容認への暴走(2)

集団的自衛権行使容認へ動く安倍首相らへの批判、その2(前回の続き)である。       第三に、わが国の集団的自衛権の行使容認は、東アジア等に多大な軍事的緊張をもたらす。中国・ロシア・北朝鮮はもちろん...

» 続きを読む

内閣法制局長官人事にみる、安倍首相の集団的自衛権容認への暴走(1)

安倍首相は、集団的自衛権に関する憲法解釈の見直しを、首相の権限で進める決意を示している。そしてその具体策として、先日この見直しに反対していた内閣法制局の長官の代わりに、外部から見直し派である外務省小松...

» 続きを読む

軍国主義復活願望か、主権回復の日の首相の「天皇陛下万歳」の唱和

 主権回復の日の式典において「天皇陛下万歳」が叫ばれた。両陛下が退席される際に、会場から発せられた声に基づき、首相を含む大半の人がこれを唱和したというのだ。これは由々しきことである。  天皇陛下万歳は...

» 続きを読む

国と東電に告ぐ。原発汚染水は絶対に海に流してはならない。

福島原発の地下貯水池で相次いで水漏れ事故が発生した。もはや東電の汚染水貯蔵計画は、ほぼ破綻したというべき状況となった。地上の貯蔵タンクはほぼ満杯で、その増設用の土地も限られているのだ。 東電は当初か...

» 続きを読む

原発メーカーにも、原発事故の損害賠償責任を負わせよ

 最初にお断りしておきたい。本稿の前段を中心に、その多くは3月21日付の東京新聞の「インドに学べ。原発メーカーも賠償責任」の記事に基づくものである。  わが国の原子力損害賠償責任法(原倍法)は、電力事...

» 続きを読む

「事故ではなく事象」。用語のごまかしで実態を矮小化する東電

 東電は先頃の冷却装置等の29時間停止を「(事故ではなく)事象」と称している。つまり「たいしたことではない」と言っているわけだ。冷却装置が本当に止まってしまえば、日本を吹き飛ばすような放射線が降り注ぐ...

» 続きを読む

全柔連の混迷ぶりにみる、「上の者が楽をする」という組織の悪弊

 未だにくすぶっている全柔連は、まさに救いがたい組織である。 監督の暴力行為についての女子柔道選手による必死の訴えを、何度も握りつぶす。マスコミが大問題にしてやっと動き出すも、当初は暴力監督を変えよう...

» 続きを読む

許されざる「ブラック企業」を容認・助長する、恥知らずの役所や経済界

 近年、若者を大量に採用しては使い潰すブラック企業が跋扈している。正社員の名の下に異常な長時間労働の強要し、場合によってはパワハラや暴力等もからむ。これには零細企業のみならず、ワタミやすき屋といった名...

» 続きを読む

国家公務員の政治活動を一部拡大する、最高裁の常識的判決

 休日に共産党機関紙「赤旗」を配ったという、政治的行為の制限を定めた国家公務員法違反事件に、最高裁は昨日、これをほぼ取り消す判決を出した。  判決はその禁止の対象を、「政治的な中立性を損なう恐れが実質...

» 続きを読む

1  2  3  4  
森田税理士「相続対策の秘訣」DVDお申込


メールマガジン登録解除変更

相続対策専門税理士:森田税務会計事務所