役所を斬る!

地方税の徴収に、滞納処分等で住民を追い込む自治体の無能役人 new

東京新聞によると、地方税滞納者が自治体から厳しい徴集を受けることにより、生活の困窮や精神的な苦境等で追い詰められているケースが相次いでいるという。 確かに税は納付すべきもので、滞納は許されない。そして...

» 続きを読む

法務省の無戸籍者への壮烈な人権侵害と、戸籍による国民管理の実態

法務省は、戸籍のない人が少なくとも全国に279人いると発表した。とはいえこの数値は氷山の一角。実際はこの数十倍はいるのではないかと推定されている。 無戸籍者の発生理由は、そのほとんどが民法の嫡出子推定...

» 続きを読む

「シャラップ」・「不祥事ではない」発言にみる、大使OBの低次元ぶり

 「笑うな、シャラップ」。上田大使が居丈高に怒鳴ったところ、驚いた会場全体が静まりかえったという。この5月にジュネーブで開かれた国連人権機関の拷問禁止委員会でのことだ。  わが国は6年前の前回審査でも...

» 続きを読む

自殺を事故死と偽る、卑怯極まる学校・教委等の事なかれ主義

 学校や教育委員会は、生徒の自殺を事故死と偽り自身の保身を図るという。12月26日のNHK「追跡!真相ファイル」"消えた子供の自殺。自殺が何故事故死に"の番組だ。これにはいさか驚いた。「そこまでやるか...

» 続きを読む

Nスペ「終戦・なぜ早く決められなかったのか」にみる、役人の無能ぶり

 昨日のNHKスペシャル「終戦・なぜ早く決められなかったのか」には本当に驚いたね。陸海軍はソ連が参戦することを知っていたんだって。在英武官が、2月のヤルタ会談でのソ連の参戦密約を軍に報告していたんだ。...

» 続きを読む

大津市等のいじめ自殺の根源は、「教育ムラ」トップの文科省。

 大津市の件を含め、いじめ自殺問題は泥沼状況にある。東京地裁からは「学校側に一切の責任はない」などという、とんでもない判決も出ている。  先日のNHKの「時論公論」でも、「(いじめ問題は)学校や教育委...

» 続きを読む

役所等の支配層を利する、高性能防犯カメラ乱用の監視社会

 逃走中のオウム高橋容疑者はついに捕まっちゃったね。この逮捕への貢献のナンバー1は、断然防犯カメラだったよ。なにせ防犯カメラの画像は驚くほど鮮明になってるもんね。  今や防犯カメラは街にあふれてるよ。...

» 続きを読む

高就職率というインチキ統計で危機的状況を放置する雇用行政

 11年度の最終的な就職率が93.6%と4年ぶりに改善したという。厚労省と文科省が5月に発表した大卒対象の「就職状況調査」の結果である。確かに11年度は多少の改善はあったのかもしれない。  しかし一見...

» 続きを読む

放射線規制値超の米の全量買い上げにみる、農水省のエゴ

 農水省はこの27日、放射線の来年からの厳しい新規制値を超える福島県産の米につき、全量を買い上げる制度を創設すると発表した。買い上げは、同省所管の業界団体に担当させる。  実は国は、この新規制値の適...

» 続きを読む

国の借金1,000兆円。責任を負うべき財務省の不遜な態度

 財務省はこの年度末の国の借金が1,024兆円になると発表した。まさに財政破綻。 一体何故このような事態になってしまったのだろうか。この責任はどこにあるのだろうか。 しかし今日、何故かそうした反省や...

» 続きを読む

性根の腐った、自治体による被災3県への支援費用の請求

 22の都県が被災3県に対して、支援に要した経費44億円を請求したというよ(朝日新聞)。この請求は、支援費を国から引き出そうとする手段らしいんだけど。  しかしこれらの都県は、被災県を「支援」したんじ...

» 続きを読む

一時帰宅被災者への、「自己の責任において立ち入る」の署名強要

原発事故での警戒区域への、住民の一時帰宅が行われた。その際に国が「自己の責任において立ち入ります」という署名を強要したという。まさに驚天動地。役人の本質がまざまざと出た。 その際には住民から「国や東...

» 続きを読む

長期欠勤の選管委員にも報酬を支払う、杉並区の税金ばらまき

杉並区が、病気で長期欠勤していた選挙管理委員(区議OBの72才)に、140万円の報酬を支払っていたんだってね。そこで住民が、この区議OBに返還を求めて裁判を起こしたそうな。 ちょっと待ってよ。杉並区っ...

» 続きを読む

自粛ムードに加担する、役人による花見への許されざる自粛呼びかけ

今、世の中には自粛ムードが蔓延しつつある。被災地のことを想えば、華やかな行事や行為は「不謹慎」というわけだ。 気持ちは分からなくないが、私はこうした考えに当初から大反対である。被災者のご苦労が頭のどこ...

» 続きを読む

自治体による震災がれきの撤去を妨害するに等しい法務省

政府・法務省は、「災害廃棄物の処理等に係る法的問題に関する検討会議」で、21日から、がれき撤去の指針の検討を始めた。そして「早急にがれき撤去に着手したい」という自治体の要望に応え、23日にも次のよう...

» 続きを読む

大震災でがんばる自治体職員等と、まるでダメの中央省庁

この大震災に際して、被災地の自治体職員は本当にがんばっている。その努力には本当に頭が下がる。 私は今まで地方公務員に激辛の点数を付けていた。彼らはまず法をご都合主義的に解釈する。それにより責任からは逃...

» 続きを読む

厚労省の、年金未納の専業主婦へのあきれた「救済」策

厚労省の年金役人がデタラメをやっていた。これに対して、総務省の年金監視委員会が問題があるとして調査を開始した。当然の指摘というより他ない。  さて、年金のデタラメというのはこうだ。 元来、専業主婦と...

» 続きを読む

不可能な、公務員改革放置の増税・財政再建路線(2)

 前回の論旨は、「大増税を担うには「平等」が絶対条件。公務員改革でひねり出せる額の多寡は問題ではない」だった。今回はこの公務員改革の中身を考えていきたい。  まず公務員改革の中身を考えたい。巷間いわれ...

» 続きを読む

群馬の小6自殺、「いじめが原因」を認めない教委・学校の卑劣

群馬県桐生市での痛ましい小学6年生のいじめによる自殺。学校側はいじめの存在すら認めようとしなかったが、臨時の市教育委員会が2週間を経過した昨日、やっとこれを認めた。 当初から父親は「(いじめをやめさせ...

» 続きを読む

警官の誤認により弁護士が刺殺された。警察の行為は適切?

今朝の読売新聞には、警察の不祥事を3件報じています。まず一面には本稿がここで題材とする事件。すなわち「トラブル発生により駆けつけた警官が、誤って弁護士を拘束した直後に、その弁護士がトラブル相手に刺殺さ...

» 続きを読む

森田税理士「相続対策の秘訣」DVDお申込


メールマガジン登録解除変更

相続対策専門税理士:森田税務会計事務所